気にしてはいけません! | 中々治らない...つらい水虫を治すために、このお薬は?

気にしてはいけません!

お薬手帳と薬シート

皮膚病というのは目に見えるものということもあり、視界に入ってしまうと気になってしょうがありません。これはなった人なら誰でもわかることかもしれません。
ですが、これが一番治りを遅くする原因ともいえるのです。
手というのは、目に見えない菌でいっぱいだということはご存知でしたか?家に帰ったら手を洗うのは基本ですが、直接汚いものを触っているわけでもないのに石鹸でしっかり洗うのは何故だと思いますか?
外で作業をするうえで手を全く使わずに1日行うということはまずあり得ません。どの仕事でも、手は必ず使います。もっと細かくいうなら、家を出る際にドアノブを触りますよね?
実はその時点でもう手が綺麗とはいえないんです。電車の吊り革なんて自分以外の色んな人間が触っているので、ドアノブよりずっと汚いということになるのです。
しかし、これらは目では具体的に汚いかどうか判断するのは無理ですよね。
空気感染という言葉をきいたことがありませんか?実は空気には色々な菌が蔓延しているのです。その菌を体から追い出す役割がくしゃみだったりせきだったりするのです。
しかし、手に付着した菌はどうやって追い出すと思いますか?手は自分でくしゃみもせきもしませんからね。
そこで大事なのが手洗いなのです。手洗いをしっかりすることによって、菌が洗い流され、清潔に出来るのです。
気になる気持ちはわかりますが、手を洗わず炎症を起こしている部位を何度も触ってしまうとどうなるか想像するのは容易です。
少しでも治りを早くするため、ぐっとこらえて清潔な手で薬を塗るとき以外が触れないようにしましょう。